スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈り

P1040006.jpg




 昨年刺繍したハートの
 クリスマスツリー

 原型となったタペストリーを
 貸してくださった、実家の近くに
 お住まいのおばさまが入院
 されると母から連絡がありました。




幼いころからかわいがってくださり、いつも明るくエレガントで、でも、
竹を割ったような、さっぱりとした爽やかなお人柄のおばさま・・・私たち
三姉妹みんなが慕い、母も仲良くさせていただいている素敵な女性です。
今回の入院のことも、うろたえておられるおじさまを、逆に落ち着かせ、励まして
おられるとのこと・・・まわりにいる人たちを自然と明るい気持ちにさせて
しまう、本当にひまわりのようなおばさまらしいです。


P1040005.jpg
 母から、「みんなで一緒に千羽鶴を
 折りましょう」と、私の担当分の
 折り紙が送られてきました。
 入院まであと少し、300羽の鶴を、
 おばさまの快癒を祈りながら
 心をこめて折っています。


母と私たち姉妹は、今まで何万羽もの鶴を折ってきました。時間を惜しんで、
通学の電車の中でも折っていたので、机がなくても宙に浮かせたまま折れる
ようになりました。大好きな祖母の再入院のとき、電車の中で涙をこらえながら
折っていた高校生の私に、目の前に座っておられた妙齢の女性が「私にも一羽、
折らせてちょうだい」と声をかけてくださったこともありました。見ず知らずの
女性が、事情も聞かずにそっと折ってくださった鶴・・・本当に胸がいっぱいに
なったこと、今でもよく覚えています。



P1040007.jpg
「縁起もの」だと聞いたベビーシューズ。ミニシューズに、おばさまが一番
お好きで、一番似合われる紫色の糸で、ご夫妻のイニシャルを刺繍しました。
IとJが同じだった時代のアルファベット図案だったので、Iは他のアルファベットを
参考に、抜き出したり組み合わせたりして刺しました。


P1040010.jpg

 鶴たちと一緒に、シューズも力を添えてね・・・
 深刻な状態ではないとは言え、心配な気持ちに
 変わりはないけれど、でも、大丈夫。
 なんだか不思議な確信が、ちくちくしながら
 心の中に息づいてきました。





Comment

2007.02.16 Fri 10:56  |  

読ませて頂いて、目頭が熱くなりました。色々な思いが込み上げて来ました。
千羽鶴、素敵ですね、多くの方の沢山の願いがしっかり込められるんですね~私は千羽鶴、折った経験ないのです。でも思い返すと願いを込めて折れば良かったと思う事が沢山ありました。
dorikoさんのお母様と妹さん達の願いも、きっとしっかり鶴達が叶えてくれますね☆
そして素敵なベビーシューズ。素敵なお守りで大切なおば様は心強く入院できることでしょうね~。
私も遠くからお祈りを捧げさせて下さいね~、一日も早く良くなられますように。

2007.02.16 Fri 11:54  |  

どりちゃんの想いがおばさまに届いて早く元気になるといいね。高校生のときそんなことがあったんだね。
そういうステキな女性にわたしもなりたいなー。

ベビーシューズの贈り物もとってもステキです。
  • #-
  • てん
  • URL
  • Edit

2007.02.16 Fri 14:13  |  

折鶴って、折り目一つ一つに念・・・思い(?)をこめて折るから、よけいにその人との色々なことが折りながら頭を巡ってしまいますよね。

小学校に入学したばかりの従姉妹が交通事故で入院した時、集中治療室は子供(だむこ)は入れないといわれたので一生懸命鶴を折ったのを思い出しました。
学校の休み時間、始めたばかりの部活の休憩時間・・・

「手伝って!」って言ったわけでもないのに、友達も手伝ってくれました。

何だか、そのときのことを思い出して、目頭がジーンとしてきました。
・・・目頭が熱いのは花粉が飛び始めたせいかなぁ?


弟と妹が同時に入院した時は、鶴を折るということを思いつかなかったので、字の読めない妹にも毎日毎日手紙を書いたのを思い出しました。

友人が盲腸で入院したときも皆で鶴を折ったり・・・
私も空中で、綺麗に折れるようになりました(*^_^*)

一折一折、針の一刺し一刺しに思いをこめて作られているdoricoさんの思い、届きますように

2007.02.16 Fri 18:28  |  

何万羽も・・・

慈しみ深いお母さまに育てられた三姉妹・・
本当に優しくお育ちになったのですね。
ケーキも他の方分100個も焼くという話しをお聞きした時も、なんて素敵なんだろう・・と思ったのですが・・

おばさまの入院中、どりちゃんのちいちゃなベビーシューズを手にとり、きっとたくさん励まされることでしょう・・

病気というのは、人のエネルギーまで吸い取ってしまうもの・・
病気に負けそうになったりすることもあるかもしれません。
そんな時、どりちゃんのご家族の祈りが折鶴を伝わって
パワーを与えてくれますね。
  • #SaU1sMZc
  • ちーまま
  • URL
  • Edit

2007.02.16 Fri 20:09  |  

doricoさんのおばさまへの思いや、電車での出来事を読ませて頂いて涙がでました。

素敵なおばさまなのですね。
折鶴を折っているといろいろな思いが巡りますよね。
doricoさんの素敵なベビーシューズや千羽鶴に込められたみなさまの思いが届いて、よくなられること祈っています。

2007.02.16 Fri 22:28  |  

本当に素敵なお母さまで、私もdoricoさんのお母さまのよう
になれるかしら・・?なんて不謹慎にも思ってしまいました。
千羽鶴・・私はとっても苦手なんです。
幼い頃、たくさん折ってました。広島にも長崎にも学校から
送った記憶があります。折り紙の内側に一言、ひとこと、メ
ッセージを書いたりして、折っていました。

だけど、それを送られた病院の室内が本当に悲しくて、本当
に病気になってしまったんだ、入院しているんだって感じが
とても悲しくて、途中から折れなくなってしまいました。

でも今、この記事を読んで、それは私が健康で、悩むような
入院をしたことがなく、これまで生きてきているからだな・・
と思いました。入院されているおばさまや、支えているおじ
さまの心細さや一日も早い回復を想っての千羽鶴。
doricoさんのシューズと共に祈りが届くことを、また私も遠
くから力強く祈ってます。


  • #x2z8ribU
  • kou
  • URL
  • Edit

2007.02.17 Sat 00:56  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  • Edit

2007.02.17 Sat 05:09  |  

doricoさんももちろん、doricoさんの周りには優しい方がたくさんいらっしゃるんですね。素敵だな~。
心のこもった千羽鶴やベビーシューズでおばさまも元気100倍ですね。
早くよくなられます様に…私も心の中で、折鶴折らせていただきますね。
  • #-
  • *yuki*
  • URL
  • Edit

2007.02.18 Sun 00:41  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  • Edit

2007.02.18 Sun 20:05  |  

本当に、ベビーシューズ¨宝物なのですね…。
改めて、実感させられました!

おばさま、きっと、内面から元気でおられることを、私からも、祈らせてくださいネ。。。

  • #KmWpZtZg
  • あまりりす
  • URL
  • Edit

2007.02.18 Sun 20:44  |  

昨日、鶴を一羽折りました。
綺麗な和柄の折り紙をいただいて、
折り鶴に一番似合いそうだったからなんですけど。

いつもなら、風船とか箱とかを折るのに
偶然にも鶴を折ったのが、
なんだかとても繋がってる気がして・・・。

doricoさんご家族の慕われる素敵なおばさま。
お会いしたことがあるような気分です。
きっと素敵なおばさまなんでしょうね。
早く元気になられるといいですね。
うちの一羽の鶴にも願をかけたいと思います。



  • #-
  • れい
  • URL
  • Edit

2007.02.19 Mon 07:23  |  

素敵なおば様のお話、高校生のときのエピソード。
なんだか、ジーンときてしまいました。

以前doricoさんが、鶴を折ってるのをみて
「鶴おるの上手だな~」ってすごく関心してて。
鶴って、昔からなじみのある折り紙なんだけど、
私はなかなか上手く折れなくて、、、、
doricoさんは、贈る人のために心をこめて鶴を折ることを
何度もしてきてるからなんでしょうね。
doricoさんからは、人を想う心の大切さを、いつも教えてもらってる気がします。

少し前から、私の兄のことで、いろいろあって、
気持ちが伝わらない、伝わってこないもどかしさ。
不満や不安で、イライラすることや落ち込んだりすることが
あったのですが、、、、。
doricoさんのおかげで、もう少し優しい気持ちで、
また兄と向き合ってみよう、と思うことができました。
ありがとうございました。
  • #n7XJFiV.
  • ひでお
  • URL
  • Edit

2007.02.19 Mon 07:27  |  

*michikoさん*

ありがとうございます。michikoさんのお優しいお気持ちも
一緒に鶴が届けてくれると思います。お会いしたことがないのに
こんなにお心を寄せてくださって・・・本当にありがとうございます。
バイタリティあふれるおばさまなので、michikoさんからのエールを
力に変えて、立ち向かってくださると私も信じています。
ありがとうございました。

2007.02.19 Mon 07:31  |  

*てんさん*

ありがとうございます。
高校生のときの出来事は、今思い出しても涙がこぼれます。
きっと、私がとても思いつめた表情で鶴を折っていたからでしょうね。
でも、そんなふうに声をかけてくださること、どなたでもという
わけではないですよね。私が逆の立場だったら、そんなふうに
さりげなく声をかけることができるだろうか、勇気があるだろうか
・・・そう思うと、あの女性のお人柄の素晴らしさに、あらためて
心打たれる思いです。胸がぎゅぅっとつぶれそうになっているとき、
あんなふうに寄せてくださった「人のあたたかさ」は、私に
本当に優しくしみこんでいきました。

ベビーシューズも力を貸してくれるかしら・・・てんさんからの
祈りも一緒にのせさせてくださいね。ありがとうございます。

2007.02.19 Mon 07:35  |  

*だむこさん*

だむこさんのコメント、私も目頭が熱くなりました(もともと泣き虫
なのに、年のせいか、どんどん涙もろくなってしまって・・・)。
だむこさんも、今までにたくさんの鶴を折っていらっしゃったのですね。
鶴を受け取られたいとこさんも、お手紙を受け取られた妹さんも、
どんなに心強かったでしょうね。きっと、だむこさんが折られた
鶴が、傷みや心細さを持って飛んでいってくれる・・・そんな
お気持ちだったのでは、と思います。

優しいメッセージ、本当にありがとうございました。

2007.02.19 Mon 07:43  |  

*ちーままさん*

ありがとうございます。

鶴は、「この鶴が、病気のつらさや痛さを取り去って、代わりに
飛んでいってくれますように」という祈りをこめて折っているのですが、
それだけでなく、折っている私たちのことも癒してくれているという
ことに気付きました。不安や心配で胸がしめつけられて、苦しく
なっているとき、一羽一羽折っているうちに、そんな私の動揺や
焦燥も一緒に吸い取り、受け取って、羽ばたいていってくれる
・・・だから、「誰かのため」に私が折っているのと同時に、
鶴は、折っている私の気持ちも落ち着かせてくれているのだなぁ・・・って
そう思うようになりました。

ベビーシューズ、私のつたない腕ではパワーを発揮してくれるか
どうか心配ですが、ちーままさんの力強く優しいお気持ちも
ご一緒いただいて・・・届けたいと思います。ありがとうございました。

2007.02.19 Mon 07:48  |  

*mintoさん*

ありがとうございます。
そうなんです、本当に素敵に歳を重ねておられる、憧れの女性で、
親戚みたいにかわいがってくださっています。知的好奇心が
旺盛で、とても行動力があって、おしゃれが大好きで・・・
今までお世話になるばかりだったので、ささやかではありますが、
心をこめて鶴を折っています。明日には実家に返送して、母が
糸を通して、届けてくれる予定です。mintoさんのお気持ちも
一緒に届けさせてくださいね。本当にありがとうございました。

2007.02.19 Mon 07:55  |  

*kouさん*

ありがとうございます。
私も大きな病気をしたことがなく、千羽鶴を受け取る側の気持ちを
実際に体験したことはないのです。もしかしたら、私が想像もできない
ような複雑な想いがあるのかもしれないのですが、ただただ
「何か」がしたくて、その人への祈りや想いをこめて一羽一羽
折っています。祖母への千羽鶴を折っていたころは、千羽鶴用の
折り紙というのがなくて、グレーや茶色、黒の折り紙も含まれた
セットしかなかったので、それは省いて、明るい色ばかりで折って
いました。ベッドから見上げたとき、少しでも明るい気持ちに
なれるように・・・と。今は、きれいな色ばかりの折り紙が
あるんですよね。

kouさんからの心強い祈りも添えていただいて、鶴も頑張って
病気を連れ去ってくれると思います。ありがとうございます。

2007.02.19 Mon 08:01  |  

*yukiさん*

鶴を折るのは、無力で何もできない自分へのもどかしささえも
鶴が引き受けてくれるからかもしれません。祖母は「みんなが
祈りをこめて折ってくれたたくさんの鶴たちが、痛みを肩代わり
してくれているような気持ちになって、目にするたびに力が
湧いてくる」と喜んでくれました。今回も、少しでも力になって
くれたら・・と思っています。yukiさんが心の中で折ってくださった
鶴も一緒に贈らせていただきますね。ありがとうございました。

2007.02.19 Mon 08:07  |  

*あまりりすさん*

私にできることはほとんど何もなくて、せめて・・・と鶴を折り、
ベビーシューズを作りました。「あんなこともあったけれど、
今はもうこんなに元気になったわ~」って、思い出せるような、
そんなしるしのような飾り物になったらいいな・・と思っています。
病気に立ち向かう気持ちを少しでも後押しできるように、
あまりりすさんの優しさもそっと鶴にこめて贈らせていただきますね。
ありがとうございました。

2007.02.19 Mon 08:14  |  

*れいさん*

ありがとうございます。
れいさんの優しいメッセージ、胸がいっぱいになりました。
お会いしたことがないけれど、遠く離れているけれど、れいさんの
優しいお気持ちが、和柄の折鶴を通して伝わってきました。
きっと、れいさんの折鶴も力を貸してくださいますよね。
ありがとうございます。

おばさまは、「あんなふうに歳を重ねていきたい」と憧れる女性。
知的でエレガントでおしゃれで、ユーモアのセンス抜群で・・・
お元気になられたら、また帰省したときにゆっくりお話できたら・・・と
願っています。

2007.02.19 Mon 08:26  |  

*ひでおさん*

ありがとうございます。
今までたくさん折ってきた鶴は、病気と闘っている人たちを元気
づけてくれたと思うのですが、健康な私たちが「元気付ける」という
えらそうなものではなく、私たちの乱れた気持ちを穏やかに落ち着かせ、
実は、健康な私たちのことも元気付けてくれていたんだと
思います。
実際に病気を治すことはできなくて、鶴に祈りを込めることしか
できないけれど・・・想いをこめて折っています。

私は、日々、いろいろな雑念にとらわれ、心が乱れたり揺れたりの
連続です。布や糸が、そんな「もやもや」や「いらいら」を吸い取って
くれ、なんとか穏やかに過ごせているような気がしています。
近い存在だからこそ、思い入れも深く、いろいろな感情が交錯する
んですよね。どうでもよくない、大切な存在だからこそ、
「こうであってほしい」とか「こんなことはしないでほしい」と
思うものなのだと思います(と、少し落ち着いたら、そんな
ふうに
思えるんです・・・私)。ひでおさんみたいに聡明で優しい妹さんが
いらっしゃるなんて・・・お兄さまがうらやましいなぁ・・・。

2007.02.19 Mon 12:29  |  

大切なおば様が一日も早く元気に成れます様 遠くよりお祈り致します。

素敵な御家族ですね・・・お母様の優しさがdoricoさん姉妹が自然と受け継いでいらっしゃるのですね。
中々日々の雑多に追われ 心で思っては居ても周りの人に優しさを届ける事って出来ないで終わってしまう事って有りますのに・・・私だけかしら?

20年程前病気に成ってとっても落ち込んで居た縫い物何にも出来ない私に 義姉がパッチワークのタペストリーを 一枚一枚ただ縫いつなぐだけにして・・・・「落ち込んでいてもよくないよ~・・・何かやっていると忘れる事が出来ると思うので これ簡単だから縫ってごらん」と送ってくれました事を思い出しました(ここからが私の針仕事の始まりでした・・・まさにソーイングセラピーでした)。

きっと義姉も少しでも 良くなって欲しいと一枚一枚型を取ってくれたのでしょうね・・・折鶴の様に・・・ありがとうでいっぱいです。

電車の中でのエピソードに 心がキュ~ンとしてしまいました。

可愛いベビーシューズがおばさまの心を癒して下さる事でしょう
一日も早い御快方を祈って居ります。
遅くなってしまいました。

  • #-
  • キタキツネ
  • URL
  • Edit

2007.02.20 Tue 06:54  |  

*キタキツネさん*

ありがとうございます。

お義姉さまのお優しさ、本当に素敵なエピソードで、胸をうたれました。
まさにソーイングセラピーですね。「何かを作る」という
行為は、自分が意識しているよりもずっと、心を穏やかに落ち着かせ、
複雑にからまった想いさえも全部引き受けて消化してくれるのですよね。

鶴を折るというのも、布に触れるのも、心のお薬なんだなぁと
思います。遠く離れた場所から、寄せてくださったあたたかいお気持ちと
ともに、今日、鶴たちを母のところに送り返そうと思います。
本当にありがとうございました。

2007.02.20 Tue 18:26  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  • Edit

2007.02.21 Wed 06:50  |  

*内緒でコメントをくださった方へ*

ありがとうございます。
「誰かに思ってもらえる、と思うだけで心強くなれる」・・・
そうですよね。治療を具体的にできるわけではないけれど、
「ひとりじゃない」というメッセージは贈れるんですよね。

内緒さん、本当はもっとお伝えしたいことがたくさんあるのですが、
私から内緒さんにご連絡を差し上げるすべがなくて・・・
「私もそばにいます」という言葉にすべてを託しますね。
そして、内緒さんのメッセージで、私は勇気をいただきました。
ずっとためらっていた「一歩」を踏み出してみよう、そう
決意できました。背中を押してくださって、ありがとう
ございました。私からのエールも受け取ってくださいね♪

2007.02.22 Thu 09:15  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  • Edit

2007.02.24 Sat 11:48  |  

心配が募りますがきっとdoricoさん達の願いや気持ち、伝わるはずですよ^^
ひとつひとつ作る中で沢山の思いが込められた贈り物、私も一緒にお祈りさせて下さいね。
  • #SE9ZAMZM
  • くろしろ
  • URL
  • Edit

2007.02.26 Mon 07:33  |  

*くろしろさん*

ありがとうございます! 先週半ばに母に送り返し、母と妹とで
糸に通して、翌日に渡してくれたそうです。「心強いわ~
ありがとう!」ととても喜んでくださったようで、みなさんの
祈りを寄せてくださったこと、本当に感謝しています。ありがとう
ございました。
明日が入院の日。痛みやつらさを少しでもやわらげてくれ、
元気に戻っていらしてほしい・・・そう祈っています。






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dorico.blog49.fc2.com/tb.php/116-8da1d4e5

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

dorico

Author:dorico
ちいさな幸せで心を満たしながら、
心をこめて、すべてのことに
向き合っていきたいと思って
います。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

オーダーのお問い合わせは、こちらからお願いいたします。 折り返しメールにてお返事を差し上げます。(ショップ カートからのご注文も承っております。)

名前:
メール:
件名:
本文:

一両日中にお返事が届かない場合、迷惑フォルダに振り分けられている可能性がございますので、念のためご確認くださいませ。

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

free counters

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。