スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月のショップ(1)

ショップM*Serendipityにて、九月のオープンのご案内が始まりました。
今年度最後のオープンとなる予定です。もしお時間が許しましたら、ぜひ
ご覧くださいませ。

私が出させていただくアイテムにつきましては、これから何回かにわけて
紹介させていただこうと思っております。(1)は、グローブホルダーです。
sksght09.jpg
 以前、母や妹たちへの
 プレゼントとして作った
 グローブホルダー。
 私自身も試作品を使い
 ました上で、ショップに
 出させていただくことに
 いたしました。

 まず、レース模様の
 ステッチとリバティを
 組み合わせたタイプです。


 
sksght03.jpg  sksght04.jpg  sksght05.jpg
リバティFeliciteのアンティークカラー三色それぞれに合わせて選んだ
刺繍糸でステッチしました。

先日読みました「和の彩りにみる 色の名の物語」(木村孝)の中で、
「臙脂色」をこのように説明しておられました。
 
 青味をふくみ、紫色にかたむき、底のほうに黒味をもつ
 深い色あいの濃い赤

ひとつの色を、このように豊かで彩りのある語彙で表現されることに
感服したのですが、今回のFeliciteも、「何色」とひとことで表すには、
あまりにも奥行きのある色だと感じます。それだけに、それぞれの
リバティに合うよう、そしてできればリバティの魅力を引き出して
くれるよう、刺繍糸の選定にも時間をかけ、「ぴったり!」と感じる
ものが決まったときの喜びは大きなものでした。

sksght07.jpg
 リバティの地色との
 相性を考え、
 生成りがかった
 コットンアイーダに
 刺繍しました。



sksght08.jpg  sksght06.jpg
サイズはちいさいですが、蝶のチャームも控えめな存在感を発揮して
くれています。


もうひとつのタイプは、ボーダー模様のステッチとアルファベットの組み
合わせです。左のふたつは、試作のときと同じですが、右の三つは
新しく図案を起こしました。
sksght21.jpg  sksght22.jpg

sksght15.jpg どうしても納得できず
 やり直した元の図案
 にも思い入れは
 あったのですが、
 完成して並べたとき
 「やっぱりやり直して
 よかった」と自己満足
 ながら思いました。

幾何学模様はすっきりした雰囲気、ハートのレース模様やお花(雪の
結晶?)はかわいらしい印象。。。どなたかのお心にぴったりのものが
ありますように、と願っております。

sksght17.jpg  sksght18.jpg

sksght19.jpg

 ちいさいほうのパーツには、
 ご指定のアルファベットを、
 同じ色の刺繍糸でステッチし、
 完成させてお届けいたします。
 

ボーダーの配置は、それぞれの図案にしっくりくると私が感じた、
縦方向と横方向とにわけています。 
sksght16.jpg
左から。 グレープ・ダークスモーキーブルー・ブラック・チョコ・ボルドー

こちらのタイプには、完全オーダーも予定しております。
お好きな図案と色、そしてアルファベットをご指定いただく形です。
(たとえば、一番左のハートのレース模様をブラックで、アルファベットは
Y、など) 
5(図案)*5(色)*アルファベット(26)=650 ですので、
数字上は、650種類の中からおひとつ、お好みのものをお選び
いただけることになります。


sksght51.jpg
 グローブホルダーは
 このようにクリア
 ボックスにいれて
 ラッピングいたします。
 ボックスの形に合わせて
 台紙をカットしたり、
 リボンを選んだり、
 お買い求めくださるかも
 しれないどなたかの
 ことを思いながらの
 ひとときも制作に負けない
 くらい大好きです。




グローブホルダーは、秋冬の防寒用グローブだけでなく、日焼け防止の
手袋や、薄手のストールなどもはさんでお使いいただけます。つい、
バッグの中で迷子になってしまうグローブの定位置となる便利な
アイテムかと思います。

ただ、チェーンやパーツはひとつひとつ丁寧に組んでおりますが、強い
力が加わりますと、はずれることがありますので、やさしくお取り扱い
くださいませ。また、グローブやスカーフなどがしっかりとはさまれているか
ご留意の上、お使いいただけたらと存じます。

Comment

2009.08.20 Thu 19:21  |  

今からワクワク、とても楽しみにしておりますね^^

2009.08.21 Fri 05:29  |  

またたくさんの図案ができましたね
金平糖のような図案もかわいらしくって素敵です

春のショップのオープンからもう半年経つんですね
早いですね・・今回選ばれたリネンはやっぱり秋色ですね

またエルメス復古のこのごろ
秋のおしゃれに ビッグメゾン&プチメゾン(M*SERENDIPITY)でもいいな^^
  • #SaU1sMZc
  • ちーまま
  • URL
  • Edit

2009.08.21 Fri 06:43  |  でいりずさんへ

*でいりずさん*

おはようございます。
西日本はまだまだ厳しい残暑のようですが、こちらは朝夕の涼しい風が
心地いいです。お元気でいらっしゃいますか?

でいりずさん、嬉しいメッセージをありがとうございます!! 楽しみにして
いてくださるとうかがって、もちろんプレッシャーもありますが、大きな力もいただきました。これからオープンに向けての準備のラストスパートですが、
頑張れそうです♪ ありがとうございました!!
  • #-
  • dorico
  • URL
  • Edit

2009.08.21 Fri 06:54  |  ちーままさんへ

*ちーままさん*

おはようございます。
妹たちには悪かった?のですが、図案を起こし直しました。。。限られた幅の
目数の中ですので、思ったようなデザインがなかなか表現できないのですが、
私なりに頑張ったおかげで、自分としてはお気に入りの図案が出来上がったと
思っています♪ 金平糖~!! 本当ですね~~。ちーままさんの感受性
あふれる表現力、本当に素敵です。おいしそうに見えてきました~ふふふ。

今回のショップに登場するリバティには、新しいトーンの定番柄もあって、
新鮮な魅力をあらためて感じています。見ているだけでうきうきとした高揚感を
味わえるような、そんなリバティのラインナップをご覧いただけたら幸せです。
お心のこもったメッセージを、ありがとうございました!!
  • #R3CiTU7.
  • dorico
  • URL
  • Edit

2009.08.23 Sun 23:01  |  

イニシャルバージョンのブルーが大好きです~♪
やっぱり私はブルーが好きなのだわ(笑)ピンクも大好きですが、ブルーのくすんだ感じがすてき♪

色について、ですが、私も大好きなので、「和の彩りにみる 色の名の物語」という本に興味があります。今度図書館で借りてきます。日本画の画材の色名もステキなんですが、似たような名前がでてくるのかしら?
http://www.sankichi.com/SHOP/250894/list.html
日本画は岩絵の具というものをつかって描くのですが、色名が好きで、うっとりしていたものでした。
大昔、実は日本画専攻でした。。。挫折してしまったのですが、いつかまた書けるといいなと夢見ています。
  • #Zr2/WiYY
  • shun&meeママ
  • URL
  • Edit

2009.08.24 Mon 08:07  |  shun&meeママさんへ

*shun&meeママさん*

おはようございます。
shun&meeママさんのお心にぴったりのブルーだったなんて、嬉しいです!
私はもともとくすんだ色が好みなのですが、アンティークゴールドの金具に合わせる
には、やはり渋めの色のほうがしっくりくるように感じ、選んだ色です。同じ刺繍糸でも
ほかの図案にすると、また違った雰囲気になるというところも色の不思議だなぁと
思います。

日本の色の名前を勉強したくて、この本と「かさねの色目 平安の配彩美」
(長崎盛輝)を読みました。名前だけでなく、色の合わせ方、そこに自然の
美しさを輝かせるセンスに、本当にただただ尊敬の念を深くしました。
日本画の画材の名前も奥深くて素敵ですね。本当は、自分の作ったものの色も
こういう日本の古くからある名前で、と思っているのですが、まだまだ自分の
身についていないというか、上滑りになってしまいそうなので、もうちょっと
自分のものにできる日がきたら、いつか「蘇芳」とか「木賊」とかそんな表記が
できたらいいなぁ~。

shun&meeママさんは日本画を専攻なさっておられたのですね!すごいっ!!
絵心のまったくない私には憧れの世界です!! 亡くなった伯母が日本画を
していたので、岩絵の具をよく見せてもらっていました。ひとつひとつ器に
大切にいれられていて、幼いながらに「おばちゃんの宝物なんだなぁ」って
感じた覚えがあります。shun&meeママさん、ぜひぜひいつか筆をとって
くださいませ!! 豊かな才能を、私も拝見させていただきたいです♪♪

  • #R3CiTU7.
  • dorico
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dorico.blog49.fc2.com/tb.php/293-13e653c9

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

dorico

Author:dorico
ちいさな幸せで心を満たしながら、
心をこめて、すべてのことに
向き合っていきたいと思って
います。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

オーダーのお問い合わせは、こちらからお願いいたします。 折り返しメールにてお返事を差し上げます。(ショップ カートからのご注文も承っております。)

名前:
メール:
件名:
本文:

一両日中にお返事が届かない場合、迷惑フォルダに振り分けられている可能性がございますので、念のためご確認くださいませ。

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

free counters

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。