スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のショップ第一弾発送いたしました

立冬が過ぎ、暦の上では冬となりました。凍えるほど冷たい雨の日も
ありましたが、週末は秋らしいさわやかなお天気でした。
fpdar4326.jpg
本日、完成品のスカーフおよびパスケースをお買い求めくださいました方々への
発送を済ませてまいりました。お忙しい中、早々のお手続きをありがとう
ございました。無事にお手元にお届けでき、お気に召していただけますよう
願っております。発送完了メールも先ほどお送りいたしましたのでご確認
くださいませ。
リールキーも、来週の発送に向け、現在制作中です。たくさんのオーダーをたまわり
心よりお礼を申し上げます。
IMGP4318.jpg
おひとりおひとりのお客さまが託してくださった深い想いに少しでもお応え
できますよう、しっかりと、そして心を込めて、取り組みたいと思っております。

このたびの 帆布鞄受注予約会、そして、秋のショップでも、たくさんの嬉しいご縁を
つないでくださいまして、本当にありがとうございました。あたたかなエールや、
お優しいねぎらいのお言葉もお届けくださり、胸がいっぱいになったり、頑張ろう!と
力が湧いてきたり・・・頂戴いたしましたメッセージは私たちにとって大切な
宝物です。

重ねまして、本当にありがとうございました。



mayuminさんに教えていただいた堀木エリ子さん。日本橋三越でのトークショーに伺って
まいりました。

ミラノサローネ2011で公開された、バカラとのコラボレーション作品であるシャンデリアが
威圧するのではなく包み込むような 圧倒的な存在感をもって展示してあります。
水に弱く、燃えやすく、均一性がなく、変色しやすく、もろい・・・和紙に抱く そんなイメージを
情熱と愛情をもって覆してこられた堀木さんのお話は、静かで穏やかだけれど力強い
エネルギーをまわりに伝播しているように感じられました。
eh4.jpg  eh3.jpg
(撮影可とは思わず、カメラを持っておりませんでしたので、残念ながら携帯の写真ですが、
ホームページに美しいお写真がございますので、ぜひ・・・ 堀木エリ子さんのホームページ

 縄文時代や弥生時代の土器の造形の美しさは、現代でも決して色あせることはない。
 その土器の作り手たちは、デザインや技術を専門的に学んだわけではない
 「一生活者」だったのだ。「自然への畏敬の念」や「命への祈り」をこめた、生活者に
 よる造形こそ、ものづくりの原点である。
 最初は革新から始まる。チャレンジすることで新たな世界がうまれ、それが長い時を
 経て愛され、はぐくまれることで「伝統」となる。

伺っている私の中でも、何かがふつふつと湧いてくるのが感じられ、書き留めた言葉は、
私の興奮がそのまま伝わってくるような乱れた筆致ですが、でも、一言も聞き
漏らしたくない、大切に書き留めたい、そう思うトークショーでした。

思いがけず近くで拝見することが許された、立体造形で漉きあげられた作品はどれも
まるで生命体のようで、鼓動や息づかいまで感じられるほど躍動感に溢れていました。
"inspire"という言葉を体感するような作品群でした。

「できるわけがない」と決め付けず、信念を貫き通してたどり着かれた作品を、
そして、「まだまだやりたいことが次々とあふれてきます」とおっしゃった笑顔を拝見し、
こんな平凡な私の心にもちいさな灯をともしてくださった堀木さんに感謝しつつ
会場をあとにしました。

Comment

2011.11.16 Wed 13:26  |  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • #
  • Edit

2011.11.17 Thu 07:40  |  内緒でコメントをくださった方へ

*内緒でコメントをくださった方へ*

おはようございます。
このたびも嬉しいご縁をつないでくださいまして、本当にありがとうございました。
また、お心のこもったメッセージ、かみしめながら大切に拝読いたしました。
内緒さんが書いてくださいましたこと、内緒さんが見つめていてくださる視線、
寄せてくださる期待や想い、どれも本当にありがたく、ただただ感謝の気持ちで
いっぱいです。ありがとうございます。

何かを作るとき、「どんなふうに受けとめてくださるだろう」という不安や揺れる
気持ちはどうしても抱いてしまいますが、「まず自分自身が、作ることも
使うこともわくわくする」ということを私自身の指針にしたいと思っています。
もちろん極端に独りよがりなものづくりになってしまわないように言い聞かせつつ
ではありますが、「これが好き!」という自分の中にある気持ちは、どなたかに
尋ねなくても自分自身で把握できるので、それを頼りにして制作することで、
同じように感じてくださるどなたかとのご縁につながったら・・・と、そんなふうに
思っております。

今回のアイテムでは、「引き算をする」ことの大切さを学ぶ機会に恵まれました。
それぞれの役割を全力で果たすことが、全体としてのバランスを整えるということも
あらためて感じました。試行錯誤しつつ、私なりに感じたことや得たものが、
見えている表面的なものの背後に「厚み」として存在してくれるようになったら
いいなぁと思っております。

亡くなった祖母がよく言っていた「天知る、地知る、我知る」という言葉を
よく思い出します。私自身の胸に問い、「魂をこめて、今できる精一杯を注ぎ
こんだ」と言えるものづくりを、と思います。未熟な私の「精一杯」ですが、
そのとき全力で取り組むことが私にとっての「そのときの正解」だと信じて
進みたいと思っています。

内緒さんが妹さまや辻井さんの作品に感じられた思いを、「くっく」にも感じていて
くださること、本当に光栄ですし、感激いたしております。この感激と感謝の
気持ちを胸に、これからの制作に取り組みたいです。本当に、ありがとうございました。
  • #R3CiTU7.
  • dorico
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dorico.blog49.fc2.com/tb.php/376-c131df72

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

dorico

Author:dorico
ちいさな幸せで心を満たしながら、
心をこめて、すべてのことに
向き合っていきたいと思って
います。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

オーダーのお問い合わせは、こちらからお願いいたします。 折り返しメールにてお返事を差し上げます。(ショップ カートからのご注文も承っております。)

名前:
メール:
件名:
本文:

一両日中にお返事が届かない場合、迷惑フォルダに振り分けられている可能性がございますので、念のためご確認くださいませ。

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

free counters

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。