FC2ブログ

リバティのネックレス

お部屋の奥まで伸びるようになった日差しや、日が暮れたあとのひんやりと
した空気に、季節がうつったことを実感します。
251807_378453198877788_2018681087_n.jpg
一年以上、もしかしたら二年くらい前からになるでしょうか・・・「張り切って
制作」と「うまくいかずしょんぼり」を果てしなく繰り返しながら、
取り組んでいたことがありました。「リバティと刺繍」のアクセサリーです。
私は何かを作ってみよう!と思い立つと、自分の乏しいセンスや能力を
すっかり忘れて、やみくもに形にしてみようとするところがあります
(そして、学習能力がなく、それを幾度も繰り返しています・・・)。
もちろん、そうやって手を動かして出来た「見るだけで悲しくなってしまう
ようなもの」から、だめなところや納得できない部分を修正し、遅々として
いても少しずつ私なりのゴールに近づいていくこともあります。

でも、今回、うまくいかないと泣き言ばかり言う私を見かねた夫から、
いったんデザインなど細かく具体的なことから離れ、頭の中で考えている
ことをノートに書き出してみるように、そして書きながら「問題設定の
妥当性」を常に考えるように、と言われ、試作に行き詰るたびに
しぶしぶ(!)ノートを開いていました。

「私が素敵だと思うアクセサリーの要素とは」から始まって、
「アクセサリーとは何か」
「なぜハンドメイドなのか」
「芸術品と工芸品と手作り品の違い」など、
今 読み返してみると、そのあまりの迷走や寄り道に、そして、「本当はこんな
ことを書いていないで、早く作りたいのに・・・」という私の気持ちが
にじみでた文字に、苦笑してしまうほどですが、私なりにテーマを掘り下げて
考えてみて、それがすぐに直接の答えをもたらしてくれなくても、
自分の中で少し整理をしたり抽象化することは、別の角度からの視点に気づく
過程だったのだと、びっしりと書き込まれたノートを見返して思います。


8073059761_c038b45375.jpg 今年に入って、ようやくコンセプト
 らしきものがかたまって、実際に
 試作に入った時期の「見るだけで
 悲しくなるもの」の一部です。

 くるみボタンを重ねてマカロンの
 ようにしたら素敵なのでは?と
 思いついて浮き足立ったものの、
 実際にパーツと組み合わせてみると
 不自然さや野暮ったさが際立ち
 「私がつけたくないアクセサリー」の
 要素満載・・・の結果に意気消沈
 するばかりでした。

でも、この「暗黒時代(?)の試作」のおかげで、チェーンが揺れるとき、
ボタン部分が自然な動きをするようなパーツとの組み合わせにたどり着く
ことができました。

ロングネックレスに仕立てるにあたっては、ボタンの数や配置もずいぶん
悩みました。チェーンの鎖ひとつ分 違うだけで印象が変わるので、何度も
調整して決めたデザインです。
8073056465_3d7c820f32.jpg 8073048390_d2bd4d9a0f.jpg
微妙にデザインが異なる BetsyグレーとLaurenブルーのネックレスは、この夏
使用感や耐久性を確かめたくて、よくつけて出かけました。白のシャツや
薄いブルーやカーキのブラウス、紺のワンピース・・・どちらのリバティも
好相性の色がたくさんある働き者です。思い切り強く引っ張るということで
なければ、通常の使用には耐久性も問題なさそうです。

8014397256_04f9d04db6.jpg 刺繍部分を変えて、Small Susanna
 ピンクで作ったロングネックレス
 LaurenやBetsyもそうでしたが、たくさんの
 色が含まれたリバティですので、いろいろな
 色のお洋服に合うものができました。
 くるみボタンもひとつひとつ違った場面を
 切り取って作っていますので、表裏で
 表情や雰囲気が変わります。

8014393843_f7fafb5b67.jpg
ボルドーのタートルなどにも よく映えそうに思います。
8014395209_e633af32c2.jpg  8018293332_ce4ed1437e.jpg
そのまま頭からかぶることができるのですが、長さ調節もできるように
アジャスターをつけました。



短いタイプのネックレスも作ってみました。
8014395774_d3d6a168f2.jpg
Laurenブラック。グレーの一色刺繍タイプです。

アシンメトリーにボタンを配置しています。逆向きにすると、デザインも
反転しますし、リバティの出方も違いますので、印象が変わって見えます。
8014399250_0ee1c4eedc.jpg  
8014395841_6279031546.jpg


ボタンの大きさを変え、ステッチを二色の幾何学模様にしたタイプは
バランスを考えて チェーンを少し長くしました。
8014395094_8b48cf57af.jpg


8014390967_060f21fbc3.jpg

8014396442_4f226a6711.jpg

 こちらは大きなボタンが中央にくる
 ように配置しました。
 あとから考えると、違うリバティで
 作ればよかったのですが・・・
 Laurenの意匠化されたお花柄と
 シックなモノトーンとの組み合わせが
 とても洗練されていて、魅了されて
 しまいました。制作が、秋の気配を
 感じるころだったからかもしれません。



8018288914_d048c2f0f7.jpg
 短いタイプは、スムーズに着脱ができるかなと
 思い、どちらもマグネットクラスプにしました。
 すっきりとしたデザインのパーツで気に入って
 います。

8014395001_139c49a1a8.jpg

私がノートに書いた「魅力を感じるアクセサリーの要素」をすべて満たすことは
できていませんが、少し個性的で、ほどよい存在感のあるネックレス
なったかな・・・と、完全なる自己満足ながら気に入っています。とても軽く、
着け心地がよいのは予想以上でした。リバティの持つ力で、無地のお洋服に映える
控えめでも印象的なアクセサリーになっていたらいいなぁと思います。

貴金属ではないけれど、大人の女性がつけても「おもちゃ」のようには見えない
アクセサリー・・・を目指して、これからも挑戦してみたくなりました。
8004449082_cd01b00263.jpg

 最初は「ひどいできばえ比率」が高かった
 ボタンのパーツも、試作のおかげで鍛えられて、
 少しは安定して合格品を作ることができる
 ようになりました。時間はかかると思いますが、
 もし新しいデザインが出来上がりましたら・・・
 またご覧いただけたら幸せです。



Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dorico.blog49.fc2.com/tb.php/405-5072cb5b

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

dorico

Author:dorico
ちいさな幸せで心を満たしながら、
心をこめて、すべてのことに
向き合っていきたいと思って
います。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

オーダーのお問い合わせは、こちらからお願いいたします。 折り返しメールにてお返事を差し上げます。(ショップ カートからのご注文も承っております。)

名前:
メール:
件名:
本文:

一両日中にお返事が届かない場合、迷惑フォルダに振り分けられている可能性がございますので、念のためご確認くださいませ。

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

free counters

Top