スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年の終わりに

年末年始は全国的にかなり厳しい冷え込みになるとの予報が出ているようです。
今年も今日をいれて残り五日となりました。気になること、しなくてはいけないこと、
しておきたいこと・・・気持ちばかり急いてしまう年の瀬ですが、ひとつひとつ
しっかりと(ときにはちょっぴり目をつむりながら?)一年の「仕舞」をしたいと
思っております。
nfmrtkfab3c26.jpg
出来上がったのは少し前になるのですが、思いついてバッグチャームを作って
おりました。
nfmrtk0a83e05e.jpg

 出来上がりサイズは直径約5センチ。
 ネックレスなどで制作してまいり
 ましたのと ほぼ同じ作りの
 マカロン仕立てです。
 私の作りますものとしては大き目
 ですが、マカロン部分はとても
 軽く、太目のチェーンを含めても
 25グラム弱ですので、バッグに
 付けても気にならない重さかなと
 思います。



片面はバニラ色、もう片面はチョコ色のフェルトでくるみボタンを作って
合わせました。チョコ色の濃淡の刺繍糸も含め、私の大好きな色合いです。
nfmrtk63fed96.jpg  nfmrtk8065ac3.jpg

nfmrtk5e1e07c.jpg
 
バニラ色のフェルトには、Aから
Zまでの26のアルファベットを
順に並べて、チョコ色には、
夫と私の誕生日を組み合わせた
数字を、ステッチしました。



nfmrtk477f7f01c.jpg


 何人か重なっているアルファベットもある
 のですが、家族のイニシャルは大文字で
 まずステッチし、間をつなぐように
 小文字をうめていきました。小文字で
 濃いチョコ色ステッチなのは、祖父母たちの
 イニシャルです。
 アルファベットそのものは、もともと図案を
 起こしていましたが、配置は(一応ボタンに
 合わせて確かめつつではありますが)
 その場の勘でステッチを進めるという、
 几帳面な方には信じられないような荒技?
 でした。


nfmrtkd4264a3df.jpg nfmrtk2e3.jpg






 チェーンの両端にはマントルのパーツを
 つけてあります。とてもシンプルな
 デザインですが、着脱が楽で、しかも
 するりとはずれる心配もなく、安心感の
 あるパーツです。



nfmrtk849.jpg 家族のイニシャルを並べた作品は以前から
 心に浮かんでいたのですが、「一見すると
 アルファベットの並びであるけれど
 実は家族のイニシャルには『しるし』が
 ある」というデザインを思いついたとき、
 とても心が浮き立ちました。
 八人の祖父母、四人の両親、妹たち、
 そして私たち。
 実際に完成して手に取ると、浮き立つという
 よりも、なんだかたくさんの人たちに
 見守られているような、そんな穏やかで
 和むような気持ちになることに気づきました。

すぐそばで、離れた場所で、遠い空の上から、いくつになっても未熟な私を
あたたかく励ましてくれる大切な人たちの気持ちや思い出を甦らせてくれる、
お守りのようなバッグチャームになりました。



お気に入りの木のマグカップに、先日巡り会うことができました。何年もずっと
探していて、半ばあきらめかけていたのに、心にぴったりくるマグカップは
思いもかけないところで待っていてくれました。
nfmrtk1a657dc.jpg  nfmrtk5_b3eb602c1b.jpg
沖縄の木工作家の方が作られたカップは、カフェオレもスープも、とてもおいしそうに
映してくれます。
時間も手間もお気持ちもかけてくださったことが伝わってくる丁寧なお仕事も、
持ち手がちょっと違っているところも気に入ったのですが、この木の名前・・・
「相思樹」が心にとても響きました。相手のことを思いやれる二人であるように・・
カップを手にするたびに立ち返ろうと思います。



"The greatest glory in living lies not in never falling, but in rising every time we fall."
 (Nelson Mandela)
nfmrtk7b3b9c7a.jpg

 自分の至らなさを情けなく思ったり、
 足りない部分をもどかしく感じたり、
 欠けていることに落ち込んだり・・・
 そんな私ですが、マンデラ氏のこの言葉には、
 つまづいたとしても、そのたびに立ち上がる
 ことにこそ価値があるのだと勇気づけられます。
 苦手なことから逃げずに、失敗を恐れずに、
 自分なりのちいさな一歩を踏み出せる人に
 なれればと思います。



今年も、たくさんの幸せなご縁に恵まれました。深い想いをこめたオーダーをください
ました方々、お心のこもったメッセージをお届けくださいました方々、つたないブログを
ご高覧くださり そっと拍手ボタンを押してくださいました方々・・・心よりお礼を
申し上げます。本当にありがとうございました。
nfmrtkb7c4532e1.jpg
たくさんの方々からご厚意を頂戴するばかりなのですが、私の作りますものや綴りますことが、
もしどなたかのお心に添い、ちいさな灯りとなれておりましたら、幸せです。

ちいさな足音が聞こえてまいりました2014年も、皆さまにとられ、ご家族の方々にとられ、
たくさんの笑顔が花開く、実り豊かな佳き一年でありますよう、ご健康とご多幸を心よりお祈り
申し上げます。来年もどうぞよろしくお願いいたします。どうぞお健やかに、お心あたたかに、
よいお年をお迎えくださいませ。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dorico.blog49.fc2.com/tb.php/466-2f427b66

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

dorico

Author:dorico
ちいさな幸せで心を満たしながら、
心をこめて、すべてのことに
向き合っていきたいと思って
います。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

オーダーのお問い合わせは、こちらからお願いいたします。 折り返しメールにてお返事を差し上げます。(ショップ カートからのご注文も承っております。)

名前:
メール:
件名:
本文:

一両日中にお返事が届かない場合、迷惑フォルダに振り分けられている可能性がございますので、念のためご確認くださいませ。

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

free counters

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。