スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょうちょブローチ、国旗ふうブローチとバッグチャーム

少し肌寒いほどの日もありました先週に比べますと気温は上がりましたが、朝夕に
吹く風の涼しさは確実に秋を帯びています。秋冬モードのお洋服がお店に並び
始めたころ、外気の暑さと厚手の素材の「温度差」があまりに大きく感じられた
ものでしたが、今日は見て歩きながら違和感がないことにふと気づきました。
nfbbnrthbc45bf83d.jpg
バッグ: ueyama canvas
先日、イベントで購入させていただいたueyama canvasのバッグ。色の組み合わせや
サイズなどたくさんのバッグの中から、妹好みのこちらのバッグを選びました。
nfbbnrthbc30ec.jpg  nfbbnrthbc2774b.jpg

手にしたときから頭に浮かんでいたMaddsieネイビーを、帰宅後バッグに合わせて
みましたら、飛び上がりたくなるくらいぴったりで、さっそく作りましたのが
ちょうちょブローチセットです。
nfbbnrthbc8a809b.jpg

SSサイズは両羽ともリバティ、Sサイズの片羽は
紺と赤のチェックをステッチいたしました。
お花模様のリバティと かっちりした佇まいの
チェックとでは相性はどうなのかしら・・・と
少し心配だったのですが、Maddsieが
すっきりしたデザインだということもあって
全体としてトラッドな雰囲気にまとまった
かなと自己満足しております。



もうひとつのブローチも、このバッグに合わせて制作いたしました。
nfbbnrthbc05605ac96.jpg

nfbbnrthbc5e7d9e92.jpg  
 かねてから描いては断念を繰り返していた
 国旗の図案。国によって縦横比が違ったり、
 できるだけ正確に再現しようとすると、限られた
 目の中で図案化するには難しいことが
 多く浮上し、留め置いておりました。

 今回、このバッグに合わせて・・・と、
 紺・赤・生成りの刺繍糸を手にして、
 国旗「風」にしてみよう!と思い立った
 のでした。というわけで、実在しない
 国旗ですので、中央は妹のイニシャルを
 入れたり、こっそり楽しみました。


バッグに合わせて作りましたが、オーソドックスな色ですので、お洋服のワンポイントにも
なるかなと思います。
nfbbnrthbc5ea1.jpg  nfbbnrthbcafedd4b.jpg

ueyama canvasでは一番ちいさなサイズのバッグですが、意外にたくさん収まりますし、
もちろんとても軽く、丈夫ですので、私自身も愛用いたしております。妹も
気に入ってくれるでしょうし、きっとこのバッグ(とブローチも?)は お出かけを一層
楽しくしてくれることと思います。
nfbbnrthbc747c6_b.jpg  nfbbnrthbc79c159.jpg



お会いしたときに「お礼の気持ちです」と頂戴しましたueyama canvasの革タグ。
せっかくのあたたかなご厚意を、私なりに形にしたい!と、自分用のバッグ
チャームに仕立てることにいたしました。
nfbbnrthbcf8c6f.jpg

nfbbnrthbc2a1c07.jpg


最初にお譲りいただきました こちらのバッグを
ミニサイズで再現してみました。バッグの帆布や
持ち手のお色とぴったりの刺繍糸で
ちいさく生まれ変わらせたつもりだったのですが、
夫には「ぱっと見たとき、カラフルなカメラかと
思った」と言われてしまいました・・・。
カメラならぬバッグの上には、ご縁をいただいた
今年2014年の数字をステッチいたしました。



マカロン仕立てのもう一方の面には、こちらも以前から試してみたかったデザインを
刺しました。
nfbbnrthbc9fa6f.jpg  nfbbnrthbc19e07.jpg
nfbbnrthbc76b65.jpg


本当は右上の写真のように、アルファベット
以外の部分を埋めてステッチすることで、
刺していないAを浮かび上がらせるという
予定だったのですが、おそらくリネンの目が
細かすぎることもあって、刺した本人しか
よくわからないという事態になり、生成りの
刺繍糸でAの部分も刺してあります。
ご覧いただけますでしょうか・・・?


nfbbnrthbc966e6.jpg  

 お気に入りのバッグにぴったりのバッグ
 チャームが出来上がり、ますます思い入れが
 深くなりました。素敵なバッグ、そして
 革タグを、ueyamaさま ありがとうございました。

 (申し上げるまでもなくご承知のことと
 存じますが、念のため・・・
 ueyama canvasのタグをつけさせていただいて
 おりますが、公認アイテムではなく、
 個人的に制作いたしましたバッグ
 チャームでございます。)


蝉しぐれの中、昨日はトンボを目にしました。夏と秋が入り混じる 季節の変わり目、
どうぞご自愛専一になさってくださいませ。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dorico.blog49.fc2.com/tb.php/494-55791e53

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

dorico

Author:dorico
ちいさな幸せで心を満たしながら、
心をこめて、すべてのことに
向き合っていきたいと思って
います。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

オーダーのお問い合わせは、こちらからお願いいたします。 折り返しメールにてお返事を差し上げます。(ショップ カートからのご注文も承っております。)

名前:
メール:
件名:
本文:

一両日中にお返事が届かない場合、迷惑フォルダに振り分けられている可能性がございますので、念のためご確認くださいませ。

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

free counters

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。